引出物で人気のカタログギフト!メリットとデメリット

引出物選びは思ったより大変!「品物にしようと考えてはいたものの...」と疲れきってカタログギフトにする方も少なくありません。 引出物は「カタログギフト」にしようとお考えの方は「じゃあどんなカタログギフトにしよう?」「どんな種類があるの?」 とお悩みの方も多いはず!そこでカタログギフトのメリットとデメリットなどのお話!。 この記事の概要は下記の通り。

そもそもカタログギフトとは?

まずはカタログギフトをご存知ない方の為に説明します。 カタログギフトとは「商品カタログ」「返信ハガキ」の二つがセットになったギフトです。 受け取った方が「カタログから欲しい商品を選び」「ハガキに商品番号と届けて欲しい名前と住所を記入」して商品を受け取るといった流れのギフトのシステムです。 カタログギフトには通常「システム料金」といったものが別途必要になります。500円~1000円の設定がされているケースがほとんどです。 システム料は主には配送費用として利用されるものです。 仮に5000円の予算で引出物を用意すると仮定すると次のようになります。

  • 品物を贈る場合:5000円
  • カタログギフト:4500円+500円(システム料)=5000円
  • カタログギフト:5000円+500円(システム料)=5500円

カタログギフトは便利ですが、システム料をどのように考えるかで商品自体に掛けられる費用が変わってきます。
またネットショップなどでお得な割引のあるところからの購入だと「予算以上のものが選べたり」「費用の圧縮が可能」となりますので 検討されても良いでしょう。その場合は式場へ持込み料が発生する場合がありますので注意が必要ですから 「結婚引出物の持ち込み料の疑問と無料にする方法」 「結婚式引き出物の宅配サービス」などの記事も参考にしてください。

注文から受け取りまでの流れ

カタログギフトの注文からの流れは非常に簡単です。運営会社によります商品が届いたかを贈り主様へ経過報告をする所が多いですね。

  • 新郎・新婦がカタログを決定、注文
  • 結婚式当日に引出物としてゲストへ
  • ゲストが後日商品を選んでハガキを投函、もしくはWEBで申し込み
  • 選んだ商品が自宅へ届く

カタログギフトのメリット

カタログギフトは今や人気に引出物の一つとなりました。沢山の結婚式に出席される方はその比率に驚かれるかもしれませんね。 そんなカタログギフトの「メリット」についてまずはお話します。 これは今までカタログギフトを貰った方なら既に体験済みなので説明はいらないことだと思いますが、ずばり 「ゲストが自分で欲しいものを選べる」「新郎新婦が引出物に悩まなくて済む」これにつきます。

  • 新郎新婦が引出物で悩まなくて良い
  • ゲストが好きなものを選べる
  • ゲストに引出物でガックリされるリスクが低い
  • 引出物バックが小さいので安価(そうとも言い切れない)
  • カタログの金額が違っても大きさは一緒なのでゲストに詮索されない
  • どこの式場でも必ず取り扱いがある

カタログギフトのデメリット

これはカタログギフトを貰う頻度の高い方は特にそうですが「誰の引出物で貰ったものかを思い出せない」なんて事はありませんか? カタログギフトは便利な反面「記憶に残りにくい」という側面があります。親の関係の出席者や儀礼的に招待した通常付き合いの少ないゲストに対しては 非常に便利な引出物ですが、日頃から親しい方への引出物としては物足りなく思われる方も多いかと....
まだカタログにするか迷ってる方は「結婚式引き出物の選び方」の記事もご参考に。
あとは祖父母や高齢の方へカタログギフトを贈られた場合に次のような問い合わせが良くあります。 「カタログギフトを頼んだら孫に請求がいくと思うので頼みたくない...」 「これをどうしたら良いのか全くわからない...」など貰われた方の年代や間柄によっては迷わす側面もあります。

  • ゲストの記憶に記念の品としての想いが希薄
  • 品数が多くて決められず放置されるケースもある
  • システム料が掛かるので通常の商品よりも価格があがる
  • 年齢によっては使い方がわからない方もいる
  • お二人に請求がいくと考え遠慮する人もいる
  • 全員がちゃんと頼んだかの確認がとれない場合がある

カタログギフトの種類と価格帯

カタログギフトには実に様々な種類のものがあります。デザインや価格帯、掲載されている商品カテゴリーも様々です。 一般的な取り扱いカテゴリーは「テーブルウェア」「ファッション」「アウトドア」「ホビー」「体験型ギフト」「グルメ」など多岐に渡ります。 価格帯は2,000円~100,000円程度で5,000円毎に設定されているケースが大半です。また最近では「ブライダル専用のカタログギフト」「グルメ専用のカタログ」 「小さいお子様がいる方向けのカタログギフト」などもありカタログを選ぶのも迷える時代になりました。 相手の趣向が全くわからない場合は「様々な商品の掲載」があり、「グルメなどの食品の掲載も多いもの」を選ばれると良いですよ。 また総合的なカタログギフトは表紙のデザインで選ばれる方も多いですね。

カタログギフトを取り扱っているネットショップ

  • ルメール:カタログの他に引出物や引き菓子も豊富、最大20%割引
  • シャディ:ギフト専門店、割引は無し
  • リンベル:カタログギフトの制作/販売、割引は無し
  • ハーモニック:カタログギフトの制作/販売、割引は無し
  • 最後に

    私の思いとしては可能な限り「お二人らしい思い出に残る商品」を選ぶ努力をしてください。 どうしても決めきれない場合に「カタログギフト」を選択されると良いでしょう。 自分の結婚式で実は「カタログギフトをお渡ししたゲスト」もいます...。 最後の最後はカタログギフトという選択も必要でしょうね。

    この記事を読んで少しでも役に立ったと思われたら記事の「シェア」、「いいね」をお願いします。

    ブライダルナビ人気記事