結婚引出物の「熨斗(のし)」について

引出物を選んでいるお二人にとっては「今までは他人事だった熨斗(のし)」のことは気になってる方も多いのでは? この記事では熨斗にまつわる、謂れや決まりをご紹介していきます。 贈答品には水引の色や結び方、本数や熨斗の付くものつけないものなど様々なので 気をつけて準備する必要があります。この際ですから知識を身につけ今後のギフトにもお役立て下さい。 この記事の概要は下記の通り。

結婚式引出物の熨斗(のし)とは

まずは「熨斗(のし)」とはどういうものかをご説明いたしましょう。のしは「熨斗鮑(のしあわび)」の略で昔アワビの肉を薄く切って、さらにのして使っていたことの名残です。一般的にのし袋と呼んでいるものは「金封」「金子包み」のことで祝儀袋(慶事用)、不祝儀袋(弔事世用)ともいいます。 また「のし紙」と呼んでいるものは「のしあわび」と「かけ紙」を簡略化したものです。「熨斗鮑」はめでたい席にでる食材という意味もあり慶事にのみ使用します。 ということで一般的に引出物の熨斗というのは「掛け紙」に「熨斗鮑」と「水引」と「表書き」がセットになったものを「のし」と呼んでいます。 熨斗(のし)の説明

引出物熨斗(のし)の表書き

水引の上部の表書き

表書きとは熨斗の水引の上に記されたタイトルのようなものです。結婚式のメイン引出物の場合は「寿」が一般的でしょう。 また引菓子にも熨斗がつきますが「寿」や地域によっては「おみやげ」としたります。最近では引菓子にはのしを付けない方も多いようです。 さらに鰹節などの縁起物や地域で必ずつけるオプション品などはパッケージが凝ったものも多く、最近ではのしはつけないのが一般的になっています。

水引の下部の表書き

水引の下の部分には贈り主の名前が入ります。表記の仕方に何種類かあり、メインの引出物にはご両家からの贈り物という意味合いがあり「両家の苗字」を入れます。 両家の並び方ですが、新郎家が右で新婦家が左です。養子縁組の場合は逆となり新郎家が左で新婦家が右となります。メインの引出物もお二人からの贈り物ということで 「新郎の氏名、新婦の名前」もしくは「新郎新婦の名前」で贈られるケースもあります。

引き菓子などのメインの引出物以外は記し方に何種類かありますが現在では「右に新郎の名前、左に新婦の名前」が一般的です。 これは新郎・新婦からの贈り物という意味合いでそうされますが地域によっては「新婦からのおみやげ」ということで新婦の名前だけで贈る場合もあります。

迷われたらご両家のご両親や祖父母に相談されると良いですね。

引出物の熨斗鮑

「のしあわび」とは先ほどもご紹介いたしましたが「鮑(あわび)を熨したもの」を言います。水引の上側の右の部分にプリントまたは付けている菱形のものを指します。 結婚は勿論おめでたい慶事ですから当然熨斗鮑がついたものになります。弔事・お見舞い共に「引き延ばす」という意味合いガ嫌われることから、弔事・お見舞いにはのしは使用しません。

引出物の水引の本数・色

結婚式引出物や結婚祝い、結婚祝いのお返しには通常偶数のものは用いませんが水引は10本1組のものを使います。 10本結びは偶数と捉えるのでなく、奇数の5本を倍数にした二重陽結びなど様々な説がありますが、10本の水引を用います。 婚礼以外の慶事の水引は7本、5本がよく用いられています。 水引結びには陰と陽があって、左が「陽」と言って白、銀などの淡い色、右が「陰」で赤・金などの濃い色で結ばれたものを使用します。

水引の結び方は「結び切り」

水引には本数、色以外に結び方があります。種類は「蝶結び」と「結び切り」「鮑結び/あわじ結び」があり、結婚式引出物に代表される婚礼水引には端が上に向いた 「結び切り」を使用します。結び切りは「蝶結び」と違い結んだら解けない「別れない」といった意味合いがあり 二度と繰り返さないといった意味合いがあります。間違っても結婚のお祝いに「蝶結び」でお祝いを贈った場合は大変失礼なことになるので注意が必要です。

「上のし/外のし」と「中のし/内のし」

包装紙の上から「かけ紙」をまくのを「上のし/外のし」と言い、かけ紙をまいた上から包装するのを「中のし/内のし」と言います。 使い分けは熨斗の表書きが目立つ、見える、目立たせる必要がある場合。例えば大会の景品や各種記念品などは「上のし/外のし」を用います。 結婚式の引出物では「上のし/外のし」と「中のし/内のし」はどちらの方法を用いられても問題ありません。 以前は贈り物は手に携えて直接取り交わす方法が主だったため 何の贈り物かがわかる「上のし/外のし」が使われていましたが、現在では宅配を利用したギフトのやり取りが多いために「上のし/外のし」では 配送途中で熨斗が破れたりするために「中のし/内のし」が多く採用されています。

熨斗のダウンロード

婚礼全般にお使い頂ける熨斗(のし)のダウンロードが可能です。PDFでご用意しましたのでダウンロード後にプリント、表書きを毛筆で書き加えてご使用ください。 サイズはA4横にて作成していますがA3,A5へ拡大縮小してのプリントアウトも可能です。ご自由にお使い下さい。 結婚用熨斗(のし)のダウンロード [PDF 約50KB]

引出物熨斗(のし)のまとめ

「かけ紙」に「熨斗鮑」が付いていて「紅白または金銀の10本の水引」で「結び切り」を用いる。水引の上部には「寿」下部には「贈り主の名前」にする。

この記事を読んで少しでも役に立ったと思われたら記事の「シェア」、「いいね」をお願いします。

ブライダルナビ人気記事