結婚式席次表のテーブル名を考えるヒントとアイデア

「結婚式の席次表のテーブル名」を結婚式に出席した時に意識してみている方も少ないですよね。 いざ自分の席次となるとどうして決めようか悩まれている方や、個性的な席次表を手作りしたいと考えてる方も多いはず! そんな時にヒントになるようなアイデアや実例をご紹介していきます。 テーブル名はゲストの気分を害さない範囲であれば極論ですが何でも良いですよ。 要はゲストをわかりやすく席まで案内できれば問題ない役目のものです。

テーブル名、テーブル記号って?

「あなたの席はここですよ」とゲストに伝わりやすくするものです。「ゲストが自ら席に着けること」「会場スタッフが案内しやすいこと」 この2点の役目が果たせれば問題ありませんが「せっかくなのでオリジナリティーが出したい」と考えるプランナーや新郎・新婦が多いですね。 しかも費用は基本掛かりませんから、時間のある方は工夫して自分たちをアピールしても良いでしょう。

オーソドックスなテーブル名

これは皆さんが一度は目にしたことある「松/竹/梅/鶴/亀...」と縁起の良さそうな名前で記してある席次ですね。 まずは(しょうちくばい)鶴亀(つるかめ)福禄寿(ふくろくじゅ)これらは古来中国から伝わったもので、 松竹梅は現在の日本では「松>竹>梅」のように序列を表す使い方が多く見られますが、元々は序列的な意味はありません。 また「梅」が一番上とされることもあるようですね。「福禄寿」は七福神の一人です。「鶴亀」は皆さんお馴染みだと思います。 その他では「金銀」「蓬莱」「和楽」など、これらはすべて一文字づつ使われるケースがほとんどです。 また「宝船」「末広」「高砂」などは2文字のテーブル名に使われますね。ここに挙げたものには関連性が無いことにお気づきだと思いますが、 「目出度い」「縁起が良い」そんな言葉を昔から考えて当てはめたのでしょうね。ホテルや結婚式場が作る席次は、ほとんどの場合は 主賓席に「松」新郎来賓「竹」新婦来賓「梅」から始まり親族のテーブルには「末広」などが定番ですね。 これらを使うことでホストもゲストも気分を悪くするが無いので無難であり王道でしょう。

オリジナルなテーブル名を考える

ここまで読まれたら結構なんでも良さそうな雰囲気は伝わってきたかと思います。自分なりに「綺麗な漢字」「好きな漢字」を選ばれても良いですし、 テーブル名を全てつなげると「ひとつの文章になる」といったものでもかまいません。 または「A.B.C.D...」などのアルファベットや「花の名前」「車の名前」「ブランドの名前」などの単語をそれぞれのテーブル名にしても良いでしょう。 例えば新郎が車の販売をしている会社に勤めているなら「車種や車名やブランド」を使うとかすると「ゲストに車関係の仕事をしている」とアピールも 出来て覚えてもらいやすいでしょうね。何かしらご自分たちの趣味や仕事を反映したものがオリジナリティーが出やすいと思いますよ。 但し「なんとなくカッコいい」などの理由で、お二人にまったく関係のないテーマを選ぶとシラケルのでやめましょうね。

テーブル名のサンプル例

漢字のテーブル名

  • 【海がテーマ】光、風、波、砂、凪、陽、釣、潮....
  • 【山がテーマ】緑、岩、水、風、樹、登、葉、涼....
  • 【春がテーマ】桜、穏、暖、蕨、菜、舞、咲、芽....
  • 【夏がテーマ】青、雲、空、海、風、鮎、瓜、暑....
  • 【秋がテーマ】紅、葉、風、楓、稲、穣、穀、茜....
  • 【冬がテーマ】氷、雪、鍋、炉、銀、霜、椿、柊....
  • 【色がテーマ】茜、蒼、紅、朱、玄、碧、翠、藍....
  • 【魚がテーマ】鮪、鯛、鰈、鱈、鰤、鯉、鱧、鮭....
  • 【花がテーマ】桜、梅、椿、藤、蘭、菫、菖、菊....
  • 【星がテーマ】月、火、水、木、金、土、日、天....
  • 【動物がテーマ】兎、虎、豹、象、鯱、亀、鯨、馬....

最後に演出と絡めるのも有り

先にあげた例ですが中には難しい漢字も含まれます。「ゲストが読めないと恥をかかす事にもなりかねません」ので 使用する際にはご注意くださいね。 肩書きについてお悩みの方は「結婚式席次表ゲストの肩書き・敬称」、 ゲストの座る位置でお悩みの方は「結婚式席次表の順番、並び、配席」もご覧ください。

最後にもう一つ「クイズ形式で当たりがいくつかある」ようにしてゲストに選んでもらうような演出と絡めたテーブル名も楽しいかもしれませんね。 例えば新郎が「寿司職人さん」テーブル名が「魚がテーマ」クイズは「今旬な魚を3つあげる」など!色々考えてみて下さい。 こうしてみると「ハーブの名前」「楽器の名前」「国の名前」「バンドの名前」「スポーツの名前」 「虫の名前」「好きな映画のタイトル」「都道府県名」「お酒の名前」「元素記号」など様々なものが使えそうですね。 但しあまりにもマニアック過ぎてゲストにわからないのはNGですよ。

この記事を読んで少しでも役に立ったと思われたら記事の「シェア」、「いいね」をお願いします。

ブライダルナビ人気記事