席次表のゲストの敬称・肩書きについて

いざ結婚式の席次表をつくろうと考える時に、叔父、伯父の違いや、主賓の奥様をどう記したら?など わからない方が多いですね。ここではそんな肩書きや繫がりについて説明していきます。 席次表は「ゲストを席に案内する役目」と「ゲストのご紹介」の二つの役目があります。 表記の仕方は両家で統一した形式で行い「敬称」「氏名」など間違いがないように、細心の注意をはらって何度も見直してくださいね。

様をつける人つけない人?

ホストが誰かによって変わって来ますが、基本的にはご祝儀制の披露宴ではホストは「両家」なので 「両家」に属する人には「敬称(様など)」は不要です。
一般的には「新郎、新婦の両親」「未婚の兄弟」「同居している祖父母や曽祖父母」などです。 家計を別としている兄弟や祖父母などには「敬称」をつける場合がほとんどでしょう。

様以外の敬称をつける人

お子様は通常「くん」「ちゃん」と記します。中学生になると「様」で良いと思います。両家で統一してください。 学校の先生など恩師の敬称は「先生」や「様」のどちらでもかまいません。 これも両家で統一してください。

親族の肩書き

親族の肩書きには会社名や役職などは基本的につけません。おばさん「伯母、叔母」おじさん「伯父、叔父」 など読み方は同じでも漢字の違いで意味も違ってきますのでよく理解して肩書きを設定しましょう。 これらの肩書きは「新郎もしくは新婦から見たつながり」で表記します。 ここでは全て「新郎」を基準に記しますが、適宜「新婦側」は「新婦」に置き換えてください。 また「新郎の父」「新郎父」など「の」をつけるか否かは好みなのでどちらも問題ありません。

両親
新郎の父
新郎の母
両親の兄、姉(配偶者含む)
新郎の伯父・新郎の伯母
両親の弟、妹(配偶者含む)
新郎の叔父・新郎の叔母
祖父母(おじいちゃん、おばあちゃん)
新郎の祖父
新郎の祖母
祖父母の兄・姉
新郎の大伯父・新郎の大伯母
祖父母の弟・妹
新郎の大叔父・新郎の大叔母
曽祖父母(ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん)
新郎の曽祖父
新郎の曽祖母
兄弟姉妹
新郎の兄
新郎の姉
新郎の弟
新郎の妹
兄・姉の配偶者
新郎の義兄、新郎の義姉
弟・妹の配偶者
新郎の義弟、新郎の義妹
兄弟姉妹の子ども
新郎の甥、新郎の姪
兄弟姉妹の子ども
新郎の甥、新郎の姪
年上のいとこ(配偶者含む)
新郎の従兄・新郎の従姉
年下のいとこ(配偶者含む)
新郎の従弟・新郎の従妹
いとこの子ども
新郎の従甥・新郎の従姪
その他の親戚
新郎の親戚

「配偶者含む」の表記部分は、年齢関係なく該当の表記を用います。例を下記にしるします。
自分より年上のいとこ(男性)の肩書きは「新郎の従兄」でその妻が自分より年下の場合でも「新郎の従姉」とします。
伯父、叔父、伯母、叔母の項目も同様です。

友人関係の肩書き

「新郎の友人」「新婦の友人」で単純に記してもかまいませんが、「○○時代の友人」や「新郎高校先輩」や「新郎中学友人」 などと記してもわかりやすくて良いですね。これも両家統一して使うようにしましょう。 また「後輩」と記すのはNGです。相手がいくら後輩でも結婚式の席次上では「友人」と記します。 気持ちよく出席していただく為の礼儀ですのでお忘れなく。

先輩
新郎の先輩、○○時代の先輩、新郎高校の先輩、新郎大学先輩、etc
友人、後輩
新郎の友人、○○時代の友人、新郎高校の友人、新郎大学の友人、etc

職場関係の肩書き

会社名につく(株)(有)などは略さず「株式会社、有限会社」を用います。 主賓や上司の肩書きは「会社名+役職名」を略さずに記します。間違いないように名刺などを確認しましょう。 人事異動や昇級などがある時期に重なる場合は、変更があるかないかを確認が必要です。 また会社の上司が多数出席されるなど迷う場合は、人間関係を良く考えて「あの人には肩書きつけて俺には無し?」と思うような方が出ないように 気を配ってください。その場合は「部長職以上は会社名、役職名あり」それ以下は「新郎会社上司」とするとか、基準を明確するのが楽かもしれませんね。 この場合は部長としましたが、それが係長でも課長でもその会社内で不満がなければ全く問題ありません。 これらは両家で基準を同じにする必要もありません。

主賓の肩書き

勤め先の社長や上司の場合や、恩師や取引先の会社の方が主賓として列席される場合もあるでしょう。 簡単な例をいくつか記載しておきます。正式な肩書きは名刺などを良く確認して! また複数の肩書きを持たれている場合で紹介したい場合で「祝辞」や「乾杯の発声」をいただく場合には、代表的な肩書きのみを記して、 司会者が紹介するときに別の肩書きでも紹介してもらうように頼むという工夫などをすれば良いでしょうね。

代表的な主賓の肩書き例
会社名/団体名 部署名 役職名
○○株式会社 代表取締役社長
有限会社○○ 取締役社長
株式会社○○ ○○部 統括本部長
○○○病院 病院長
○○○学校 校長
○○○大学 ○○○教授

その他職場関係の肩書き

上司
会社名/団体名 部署名 役職名
先輩、上司
新郎会社(職場)上司、新郎会社(職場)先輩
同僚、後輩
新郎会社同僚
退職した上司、先輩、同僚、後輩
新郎の会社元(職場)○○(上司、先輩、同僚)
以前の職場の上司、先輩、同僚、後輩
新郎の元会社(職場)の○○(上司、先輩、同僚)
新郎の元勤務先の○○(上司、先輩、同僚)

会社関係の場合も「後輩」は「同僚」と記してください。理由は「友人の肩書き」の説明をご覧ください。 また勤務先が役所や病院などの場合は「会社」ではなく「職場」とします。

媒酌人の肩書き

現在では少数となってきましたが「媒酌人」がいる方は下記のように記して下さい。

媒酌人本人
御媒酌人
媒酌人の奥様
御媒酌人令夫人

その他の肩書き

ゲストの奥様
同令夫人、○○様令夫人
ゲストのご主人
同御夫君、○○様御夫君
ゲストのお子様
同御子息、同御令嬢
各時代の先生
新郎恩師、新郎大学恩師、○○師範など
新郎大学恩師 現在○○○学校校長など
父母の友人、知人、恩師
新郎父の○○、新郎父母の○○、新郎母の○○

最後に

出席するメンバーが堅苦しい方がいないなど、やわらかい表現が許されそうなパーティーの場合は、もっと楽しい紹介をするような肩書きでも 問題ありません。要はゲスト同士が「誰がどんな関係で出席しているのか」がわかれば問題ありません。 但し「全てのゲストが気分を害さない」ことが絶対条件です。 ゲストの座る位置でお悩みの方は「結婚式席次表の順番、並び、配席」もご覧ください。

最後になりましたが、名前の確認はもう一度行ってください。ご自分が送った「招待状のリスト」を見て席次の名前を確認しないように! 必ず招待状の「返信ハガキに記載された名前」で確認をしてくださいね。結構違う場合が多いはずですよ....

この記事を読んで少しでも役に立ったと思われたら記事の「シェア」、「いいね」をお願いします。

ブライダルナビ人気記事