結婚式席次表の順番、並び、配置の決め方

結婚式のゲスト席の決め方は新郎新婦の頭を悩ますポイントの一つですね。 テーブル数にも限りがあり、またゲスト同士の相性もあり、それぞれの肩書きも気にすると夜も眠れないといった方もいるのでは? このページでは、そんな配置、席順を解決するポイントや基本的な決まりをご紹介いたします。 肩書きについてお悩みの方は「結婚式席次表ゲストの肩書き・敬称」もご覧ください。

席の順番の基本

席決めの並びの一番のポイントは「見て気分を害する人がいない」これにつきます。 自分が主賓だと思って出席したら、後ろの席だった...などという事がないよう樹を配りましょう。 逆に言うと誰もが納得する席次であれば、そのような席順にしてもかまわないということです。 後はゲストが楽しめるように一緒のテーブルには誰が座ると良さそうかを良く考えて下さい。
こうザックリと説明しても皆さんの求めている回答とは違いますよね。ここから基本の席順についてお話しますと、 新郎新婦の座るメインテーブルの前が「主賓席」です。そこから両側に新郎新婦双方の順位の高い方から並んできます。 通常は「会社関係の上司」→「会社先輩」となっていくでしょう。その後は「会社の同僚、後輩」「学校時代の友人」 「親族」「両親」の順に並ぶのが基本です。 また「新郎家」は席次の左側、「新婦家」は右側となります。これは席次上の新郎名が左、新婦名が右という並びが一般的なので それに対応する形で各招待客もホスト家の前に座る為です。ちなみに養子縁組の場合は新郎、新婦名を逆としてゲストの並びもそれにならい逆になるケースが多いです。

主賓席の順番

主賓席の並びについて説明していきます。まず主賓席ですが最前列のテーブルが偶数の場合は「中央の2テーブルを両家で分けて使うパタン」 奇数の場合は「中央の1テーブルを両家で分けるパタン」の2パタンが考えられます。丸テーブルと長テーブルによって見た目は違いますが、 席次上では上から肩書きの偉い人から順に記します。おそらく主賓席の最上段の方が祝辞をされる方になると考えられます。 また夫婦同伴での参加の場合は主賓の奥様は当然その次の席に並んで座っていただくのが普通です。

職場関係の順番

職場の上司の席は主賓席と同様に「肩書きの上の方」から上から順に並びます。当日楽しく過ごしていただく必要もありますからそれを考慮して席を決めましょう。 例えば部長が二人出席で残りが部長以下の肩書きの場合は、通常なら最上段の2名が部長となりますが、この二人が不仲の場合は、テーブルを二つに分けてそれぞれの テーブルの一番最上段の中央よりに座っていただき、バランスをとるなど、臨機応変に対応しましょう。同僚、後輩の席はあまり悩むこともないと思います。 テーブル数に制約があるので友人と一緒のテーブルになる場合もあるでしょうが問題ありません。

友人の席決め

友人関係は誰が上とか下とかもあまり気にする必要はないと思います。主賓席、上司の席より後ろ、もしくは外側の席で親族席より前の中間に自由に組めば良いでしょう。新郎新婦の両家の独身の友人を同じテーブルにセッティングするケースなどもあり、とにかく皆が楽しめるように組んで下さい。

親族の順番

親族は一般のゲストと違い、誰が偉いとかではなく血縁関係の濃い方から末席に座るように配置します。血縁関係の濃い方はゲストには違いがありませんが、 ホストとしての意識も強いと思います。一番末席が両家の両親で次いで兄弟、祖父母となります。その後は伯父、伯母、叔父、叔母、従兄弟などとなりますが、 ここは日頃からの親戚付き合いや、相性などを良く考えて良く両親とも相談して席を決めてもらえば良いでしょう。

両親の知り合いの席は?

両親の知人・友人の場合は、その方の肩書きやお付き合いの度合いによっても変わって来ます。 立てなくてはならない方なら主賓席へ移っていただくほうが無難な場合もあるでしょう。席は前に座っていただき、その方を立てるか、両親の席に近いテーブルに 座っていただき親近感を出すかの選択になると思います。これも両親とプランナーによく相談して決めてくださいね。

最後に

冒頭でも説明したように気持ちよく座っていただければどんな席次でも問題ないと思います。 私は主賓席の末席に祖父母に座ってもらって二人が良くみえるようにしました。 一番前の後ろは良く前が見えて個人的には一番良い席じゃないかと思います。 そんなレイアウトも司会者に理由をアナウンスしてもらうなど工夫をすれば逆に温かい雰囲気をつくれて和やかな披露宴になりますよ。 基本を踏まえてお二人らしい席次レイアウトを作ってくださいね。間違えても「常識がない」と言われることのないように....
テーブル名の付け方も工夫したい方は「結婚式席次表のテーブル名を考えるヒントとアイデア」もご覧ください。

この記事を読んで少しでも役に立ったと思われたら記事の「シェア」、「いいね」をお願いします。

ブライダルナビ人気記事