結婚式の費用の考え方と解説

結婚式の準備に取り掛かったお二人にとっての気がかりは貯金の有る無しに関わらず「結婚式の費用」でしょう。 ゼクシィのトレンド調査によると「結婚式の費用総額の平均」は平均は341.7万円とだそうです。 300万円も貯金が無いとがっくりする必要はありません。 結婚式は貯金が無くても勿論可能であり、出席者のご祝儀によって大半は費用が揃いますので心配はご無用です。 ここではどんな項目にどの程度の費用が必要か説明していきます。

結婚式に必要な項目とオプション

結婚式に必ず必要な項目となくても大丈夫な項目などを分類してみます。ここでの費用には「マリッジ、エンゲージリング」や「ハネムーン」 「新生活に必要なもの」は省きます。

結婚式に必要な項目

必ず必要、ほぼ必須と思われる内容。ここでは挙式をすると仮定してピックアップしています。 また会場貸切料、会場使用料などは式場によって設定の有無があるので省きます。

  • 挙式料一式
  • 婚礼料理・飲み物
  • ウエディングケーキ
  • 会場装花一式(ブーケブートニア等含む)
  • 引出物
  • プチギフト
  • 招待状・席次表・席札・ゲストブック
  • 衣装・美容
  • 親族集合写真

無くてもいいけど有ったほうが良いもの

  • プロフィール、エンディングDVD
  • プロの司会者
  • 当日スナップ
  • 新婦衣装2点目+美容料金
  • プチギフト
  • ウエルカムグッズ

オプション

  • 別撮り写真
  • ブライダルエステ・ネイル
  • 両親への記念のギフト
  • その他各種演出(花火や...)

忘れがちだけど、たぶん必要な項目

  • お車料・宿泊費(遠方から招待するゲスト用)
  • 受付・余興を依頼した方へのお礼
  • 筆耕料(招待状の宛名書きを頼む場合)
  • 招待状の切手代

大まかに分けると上記の分類になりました。次はこれらの項目を「お二人に掛かる項目」と「ゲスト一人毎に掛かる項目」に分類してみます。 これが理解できればご自分たちがどの程度の予算で結婚式が可能かがわかるようになります。

ゲストお一人お一人に関わる項目

一人のゲストにいくら掛けるか!掛かるかをお話します。ゲストのご祝儀は最低3万円です。平均すると3.4万円ほどになるそうですが、これはあくまで平均の話ですからゲストの内訳によっても変わってきそうですね。 ゲストのお一人お一人に掛かる項目と費用のご紹介です。 ここでの料金例は私が10年ブライダルプロデュースをしてきた経験をもとに設定しています。 この部分がきちんと設定できれば人数が増えた場合に持ち出しが増えるか少なくなるかが判断できるようになります。

  • 婚礼料理・飲み物:12000~18000円
  • 結婚式引出物:5000~7000円
  • ウエディングケーキ:500~1000円
  • 招待状・席次表・席札:1000~2000円

上記を見ていただければお分かりいただけるように、総額で3万円は超えません。この部分だけで3万円を超えるには料理などのグレードが相当高いコースを使うか ペーパーアイテムをオリジナルで依頼を掛けるなど、どこかにかなりのこだわりがなければゲスト毎の費用は3万円でおさまります。この部分の予算を減らしたいと お考えでしたら「ペーパーアイテムのて手作り」をオススメします。料理と引出物の料金を減らすのは「ゲストの満足度」に関係してくるのでオススメしません。 どんなに見映えがする結婚式をやっても「料理と引出物」の内容次第で印象が悪くなるものです。 逆に言えば「料理・引出物は良いものを用意」最低限これだけは守れば、他の項目は上手に節約してもかまいません。 あとは遠方の招待客が増えると通常は御車料(交通費の)を用意しますので3万円は該当者については超えていきます。 近場のゲストで呼ぼうか呼ぶまいか悩んでいる方がいれば「増えても二人の負担はなし」なので招待されることをオススメしますよ。 人数が増えれば増えるほど持ち出しの金額も少なくなるのは当然ですね。

新郎・新婦に関わる項目

この項目は新郎・新婦お二人に関わってくる項目です。上記のゲスト毎に必要なものを除いたものになります。 結婚式に必要なものも多く含まれますが、オプション的な意味合いのものやお二人の都合や好みで選択される項目となります。 これらの項目分を「お二人の結婚資金」や「親などからの援助」「ゲストの祝儀の一部」から準備します。

最後に

最後になりましたが「貯金なしで結婚式も可能!」です。その全てを「ゲストからのご祝儀で賄う」うことが出来ますが、先にも述べたように 「料理・引出物は良いものを用意」これだけは守ってください。あとは「お金を掛けず時間とゲストへの思いを込めた手作り感満載のオリジナルウエディング」 を目指して頑張って用意しましょう。衣装は一点づつで我慢してヘアメイクやオプションでバリエーションを出したり、カメラやビデオは親戚、友人に頼んだり、 プチギフトも手作り、プロフィールビデオを自作したりと忙しくなるのは当然ですが、掛けた時間の分だけ思い出深い良い結婚式になると思いますよ。 結婚式は非日常で、それを狙ったブライダル業界の罠も満載!賢く選んで、変に背伸びせず、貴方に相応しい結婚式とは何かもう一度考えてみて下さい。

この記事を読んで少しでも役に立ったと思われたら記事の「シェア」、「いいね」をお願いします。

ブライダルナビ人気記事