結婚式のウエルカムグッズのアイデアとヒント!

結婚式のウエルカムグッズのご紹介ページです。ウエルカムグッズといえば「ウエルカムベアー」や「ウエルカムボード」を思い浮かべる方が多いのでは? 最近の結婚式では実に様々なオリジナリティ溢れる「ウエルカムグッズ」が考え出されています。 その一言でオリジナリティといってもなかなかアイデアがでないのも良くある話ですが、どうやってオリジナルのものを創るか? 用意するか?のアイデアをご紹介していきます。

まずウエルカムグッズって何?

ウエルカムグッズは結婚式やパーティー会場などでゲストを出向かえるグッズです。よくあるタイプで 「welcome to our Wedding Reception」などの文字を配したボードやオブジェですね。 みての通り。「ようこそ私たちの結婚式へ」といったゲストへの最初のご挨拶といったところでしょうか。
これは結婚式に絶対に必要なものではなく、あくまでオプション的なものですが、多くの新郎新婦が用意する人気の演出です。 簡単にオリジナリティーの出せるアイテムなので是非チャレンジしてみてください。

設置する意味は?

ゲストへの挨拶程度であればプロフィールブックなどでも同じ役目が果たせそうだけど「ウエルカムグッズ」は会場コーディネートの一部と考えて自由な発想が 可能!会場に設置が出来ればよいので「大きさ」「重さ」「表現方法」は全て自由。

  • ゲストの待ち時間を楽しく退屈させない
  • これから始まる結婚式への期待感を演出
  • 二人の趣味や職業のアピールが可能で二人への理解度が高まる
  • 当日着ないドレスや和装なのを見てもらう機会に利用

何をやってもOKですが、プランナーに事前に話をしておくのは重要!また一人よがりにならないように第三者の意見も聞いてみて!

どんな種類があるの?

一般的に販売されている既製品やキットを例にあげると下記のようなものがあります。 これらは発注さえ出来れば二人の手間はほとんど無しで希望のものができあがるでしょう。

  • カリグラフィーなどの文字を額装したタイプ
  • 二人の似顔絵や写真の入りの額装タイプ
  • 二人の体重で作るウエルカムベア(後に両親へプレゼントなど)
  • ゲストがサインができるボードやドールなど
  • プチギフトのタワー(後にお見送りのグッズへ)
  • 新郎新婦にそっくりなフィギュア
  • 新郎新婦の等身大の写真を使ったウエルカムボード
  • 大きなバルーンを使ったウエルカムオブジェクト

独創的なウエルカムグッズを考えるヒント

上記の販売されているグッズも二人の名前が入ったオリジナルのウエルカムグッズと呼べるでしょうが、 ここではもっと大胆にオリジナルグッズを手作りするアイデアとヒントをご紹介します。

車やバイクが趣味のお二人

車やバイクが趣味な新郎・新婦さんは、もう想像がつくでしょうが会場の中庭やエントランスに愛車を飾ると 巨大なオリジナルウエルカムオブジェクトの出来上がり。もちろん飾りつけや、フロントガラスに文字を書いてみたりと 色々工夫も可能でゲストに二人らしさをアピールできること間違いなし。ハウスウェディングなら実現しそうですね。

スノーボードやスキー、マリンスポーツなどが趣味

先にご紹介した車同様にボードやフィン、スキー板などをそのまま飾り付けて展示すれば、趣味もわかってもらえ 簡単に個性的なウエルカムボードの出来上がり。

映画好きなら

DVDはプロフィールやエンディングだけじゃなくエントランスで映画の予告めいたものを創ってみるとかもいいですね。 但し映像がつくれるスキルがあるか、業者に頼む必要があるかも...合せてプロフィールブックも映画のパンフレット調にするとか 工夫次第で統一感もだせますね。エントランスに受付の導線の邪魔にならない上映スペースが必要ですね。

ゲスト参加型

ゲストのみんなにサインやメッセージを用意したボードやボールなど様々なアイテムにしてもらうことによって、 二人の記念になるアイテムが完成!単純にポラロイドでお一人づつ撮影してメッセージを書いてもらい、 ボードなどに飾り付ける演出も定番ですが有りですよね。

最後に

これらを見てもらうとお分かりいただけると思いますが、お二人の職業にちなんだグッズやスポーツの道具、趣味の道具や 作品など全てのものが「オリジナルのウエルカムグッズ」になります。 お二人の人柄や趣味がよくわかり親近感も増すこと間違いなしです。自分たちなら「これ」っていう閃きがあれば 是非やってみてください。予算もほとんど掛からずに印象深い結婚式になるでしょう。 またウエルカムグッズは一つだけでは無く二つ三つと複数展示しても勿論かまいません。 前撮り写真の閲覧コーナーを設けても良いでしょうし。新郎、新婦それぞれの展示スペースを設けても良いかもしれませんね。

この記事を読んで少しでも役に立ったと思われたら記事の「シェア」、「いいね」をお願いします。

ブライダルナビ人気記事