結婚式のご祝儀袋の写真

結婚式のご祝儀の相場と渡し方

いざ結婚式に招待されたりお祝いを用意することになると、困るのが「お祝いの相場」「ご祝儀袋の書き方・選び方・渡し方」「ふくさの使い方」「渡し方」などわからないことが多いのでは? そんな疑問を一気に解消するご祝儀に関するマナーや相場を徹底解説!。この際ですから贈答の知識を身につけ今後のお付き合いにもお役立て下さい。 かなり共通する部分にある「結婚式 引き出物の熨斗について」の記事も結婚される方はあわせてご覧ください。 この記事の概要は下記の通り。

結婚のご祝儀の相場

結婚祝いの相場は「結婚式に参加する/しない」によって金額が大きく異なります。また贈る相手との関係性によっても金額が変わります。 貴方の年齢も考慮する必要があります。 また相手から既に「自分の結婚の際に貰った」などの関係性があればそれも検討した上で考えましょう。 「貴方にはたくさんお祝い包んだのに、少ししか貰えなかった...」などと思われないように気をつけましょう。 親戚の場合は親戚間での相場の取り決めがある場合もありますのでご両親や祖父母に相談されると良いでしょう。ここでは一般的な相場について書き記します。

結婚式に招待されている場合の相場

基本は3万円!3万円以下のご祝儀はまず考えられません。「主賓として招かれている場合」、「甥や姪の場合」は5万円が最低ラインと考えたほうが良いでしょうね。 ここでいう結婚式とは「会費制パーティーではありません」。会費制のウエディングパーティーの場合は「みんなで費用を持ち寄ってお祝いしよう」という形式なので基本的には会費以外は必要ありません。 但し関係性によっては別途お祝いを渡す必要はあるでしょうね。あくまで一般的な祝儀の相場ですので「次元の違うセレブなウェディングに出席する!」なんて方は相場が違うかもしれませんね。

あなたの立場相場(一人)夫婦で出席の場合
主賓のして招かれてる50,000円50,000~100,000円
会社の上司・同僚・部下30,000円50,000
兄弟・姉妹50,000~100,000円50,000~100,000円
伯父・伯母(叔父・叔母)50,000~100,000円50,000~100,000円
従兄弟・従姉妹30,000円50,000円
友人・知人30,000円50,000円

お祝いだけ渡す場合の相場

「結婚式に呼ばれて無い」「渡す相手が結婚式をするかどうか分からない」場合の相場です。 会費制のパーティーに参加するけど、お祝いも別途渡したい方もここに該当します。 会社関係の上司・同僚・部下ですが、一般的には5千円~1万円が相場ですが「親しい方なら1万円が相場」とお考えください。 また兄弟・姉妹の場合に結婚式(会食も含める)に招かれないことは、まずありえないので除外しています。 「主賓として招かれたが、出席できなかった」場合や「会社の代表者」の場合は「3万円」が目安だと思います。 親しい方なら「10,000円」そうでないなら「5,000円」がほぼ相場です。

あなたの立場相場
従兄弟・従姉妹10,000~30,000円
会社の上司・同僚・部下5,000~10,000円
友人・知人10,000円

ご祝儀袋の選び方と表書き

「ご祝儀袋」は現在では様々なデザインのものが購入できます。一般的に大きく派手なものほど「金額が大きい」といったことになります。 自分の包む金額によって相応しいデザインを選択する必要があります。凄いご祝儀袋で中身が少ないのは避けましょう。 また表書きは「寿」「御祝」「御結婚祝」「祝御結婚」などが用いられます。

水引の種類とマナー

「結婚祝い」や「結婚式の引き出物」「結婚祝いのお返し」は共通で決まりがあります。通常偶数のものは用いませんが「水引は10本1組」のものを使います。 10本結びは偶数と捉えるのでなく、奇数の5本を倍数にした二重陽結びなど様々な説がありますが、10本の水引を用います。 婚礼以外の慶事の水引は7本、5本がよく用いられています。 水引結びには陰と陽があって、左が「陽」と言って「白、銀などの淡い色」、右が「陰」で「赤・金」などの濃い色で結ばれたものを使用します。

「蝶結び」は絶対に駄目!

引き出物での熨斗(のし)水引(蝶結び×・あわじ結び○・結び切り○の画像) また水引には本数、色以外に結び方があります。種類は「蝶結び」と「結び切り」「鮑結び/あわじ結び」があり、結婚式引き出物に代表される婚礼水引には端が上に向いた 「結び切り」を使用します。結び切りは「蝶結び」と違い結んだら解けない「別れない」といった意味合いがあり 二度と繰り返さないといった意味合いがあります。間違っても結婚のお祝いに「蝶結び」でお祝いを贈った場合は大変失礼なことになるので注意が必要です。

内袋の書き方とお金の向きと閉じ方

ご祝儀袋には新札を入れるのが基本です。「結婚式を心待ちにしていました」という気持ちを表すためにも、新札を用意しましょう。銀行または郵便局で新札に両替をすることが可能です。 新札が用意できたら「お金の入れ方」にもマナーがあるので注意が必要です。

内袋の書き方と入れるお金の向き

表面から見て顔が上にくるように入れる style= 「内袋」の表面には「金壱万円(10,000円の場合)」「金参萬円(30,000円の場合)」と金額を記します。またよくある金額の最後に「也」を入れるか入れないかですが、 諸説あり現代ではどちらでも「OK」という認識です。
「内袋」の裏面には「貴方の氏名と住所」を記します。「金額と住所・氏名」はきちんと書きましょう。 ご祝儀袋の「内袋」の表面とお札の「肖像画が描かれている側」を合わせ、顔が最初に出る向きにして入れます。余談ですが葬儀などの不祝儀の場合は顔が見えないほうを表側で上下も逆にします。

ご祝儀袋の閉じ方

ご祝儀袋は下で受けて閉じる。不祝儀は下に受け流す形で閉じるの解説の絵 最後にご祝儀袋に「内袋」の向きを確認して入れて、ご祝儀袋の下側が上にくるようにたたみます。「幸せを受けとめる」と覚えれば良いでしょう。 不祝儀の場合は逆にして上側が上になるようにたたみます。「不幸を受け流す」と考えましょう。 再度確認して欲しいのですが、たまにあるのが「お金の入れ忘れ」... 確実に入っているか今一度チェックしてみてください。 新札を図の向きで中袋に入れて祝儀袋に入れて図のように下で受けて閉じる。

袱紗(ふくさ)の使い方、渡し方

ご祝儀袋は、袱紗に包んで持参するのが常識ある大人の基本です。間違えてもそのままポケットやバックに入れて持っていかないようにしてください。 相手に大事なものをお渡しする時は、結納などでも袱紗を用います。 袱紗には「大切なものを汚したり埃(ほこり)がかからないように」と相手を思いやる気持ちを意味します。

袱紗の形状・種類

袱紗の種類も様々なタイプがあり、どのタイプのものを仕様されてもかまいません。 最低限のマナーを身に付けるには「挟み袱紗」が使い方が簡単で扱いやすいと思います。

その他の種類では「掛け袱紗」があります。より丁寧な受け渡し方として使用しますが、結婚式の受付にて使われることはまずありません。「自宅内において渡す場合」「結納」によく用いられます。 切手盆に祝儀袋を載せてその上に掛け袱紗を掛けてしてお渡しします。また、道中移動の際は、別途、風呂敷(つつみ袱紗)で、お盆ごと包み運びます。

袱紗の色

袱紗には慶事用と弔事用がありますので、色には注意が必要です。「暖色系の明るい色は慶事用」、「寒色系の沈んだ色は弔事用」と覚えておきましょう。紫色はどちらにも利用できます。

袱紗の包み方

「包み袱紗」「台つき袱紗」の包み方は下図の通りです。「挟み袱紗」の場合は閉じ方が「右から閉じる」ところだけお気をつけください。
ご祝儀袋のふくさの包み方:左→上→下→右の順で包むの図解 お祝い事の場合は袱紗の包み方ですが、「左」から「上」→「下」→「右」の順番に包みます。 この場合も「ご祝儀袋の閉じ方と考え方は同じ」で上から折って下で受けるということです。ですので不祝儀の場合は逆に上から流す形になり「右」→「下」→「上」→「左」の順番です。

ご祝儀の渡し方

ご祝儀袋の渡し方の図解:袱紗を開いて祝儀袋を下に引き出し袱紗の上に置いた後に形を整えてから時計回りに回して相手のほうへ向ける この手順は「台付きでカタチが崩れないタイプの袱紗」を基準に記しています。風呂敷タイプも基本は同じです。 まずは受付にて祝儀袋を渡すタイミングで袱紗を取り出します。その後袱紗の右側、続けて下側を順に開いて祝儀袋を取り出し、袱紗の上に置きます。 左手で袱紗と祝儀袋を押さえながら、右手で垂れている袱紗の下側、続けて右側を祝儀袋の下で元の位置に戻します。 ※この際に風呂式状の袱紗の場合は全て垂れてしまっているので「左手の空いてる指に握りこませるようにまとめて持ちます」。 全て整ったら「ご祝儀を載せた袱紗ごと」時計回りに回して相手のほうへ向けます。 ちなみに回し方は神社にて行う「玉串」と同じまわし方です。不祝儀の時は回し方は反時計回りになります。

「ご祝儀袋を袱紗の上にのせたまま」渡すのが正式なマナーで、受け取る側は袱紗ごと受け取り「祝儀袋だけ」をお盆の上に載せ、袱紗を相手に向けなおしてお返しするのが、正式な受け取り方です。 しかしながら受付をしているのは大抵の場合は若い友人なので、作法がわからず相手に恥をかかせてしまう可能性もあります。 それを踏まえて一旦「ご祝儀を載せた袱紗ごと」テーブルなどに置き、「ご祝儀だけを持ち直して」直接手渡す流れがオススメです。 いずれにせよご祝儀は「両手で差し出します」。渡す時は「本日はおめでとうございます」などの言葉も忘れずに。

最後に

「ご祝儀袋」はどこで購入されますか?最近では百円ショップやコンビニなどで購入される方も多い「祝儀袋」ですが「表書き」はどうされてますか?。 達筆な方ならご自分で書けるでしょうが、なかなか筆に馴染みのない現代人にとって敷居が高いですよね。 身近に「ギフトの専門店」などがあればそこで購入して表書きも頼める場合はありますのでご参考に。 筆者はいつも近くのギフトショップで書いてもらっています。「美しい文字で書かれた祝儀袋」は見映えも気分も違いますよね。 「結婚式のお呼ばれゲストドレスのマナーとポイント」の記事もご参考に!。
結婚式の受付を頼まれている方は「結婚式の受付マニュアル」の記事も読んでみて下さい!。

ブライダルナビ人気記事