結婚式のお呼ばれゲストドレスのマナーとポイント

結婚式に招待されたらまず悩むのが「何を着るか....」。初めての挙式参列の方はなおさらどうして良いのか迷いますよね。 招待状に「平服でお越し下さい」と書いてあるけど...何着ても良いの?と色々考える方は多いはず。 このページではそんな疑問とポイントについてまとめます。 平服って間違ってもジーンズやTシャツなどの普段着とは違いますからご注意くださいね。 このページの概要は下記の通り。

まず平服とは?

プロデュースで数々のお客様の結婚式をお手伝いしましたが、たまにジーンズとジャケットで参加される「勘違いさん」に出会いました。 当然周りはフォーマルな格好の中でカジュアルな方はごく少数....当然周りからは常識が疑われます。そんな寂しい事態に陥らないように解説します。

平服とは普段着とは違います

まずは結婚式に相応しい格好の定義ですが、一般的に「正礼装」「準礼装」「略礼装」の3種類があります。 「正礼装」「準礼装」では男性がモーニングやフロックコート、タキシードなど。女性はイブニングドレスや留袖などがこれにあたります。 最後の「略礼装」がここでいう「平服」のことを指し、男性ならブラックスーツ、女性ならパーティードレスなど、礼装よりカジュアルな服装ですが、 普段着ではありません。 「平服でお越しください」という表現を使うことにより「気軽にご参加ください」といったような「堅苦しくないよ」 程度の社交辞令的な使い方で用いられます。よほど気になる場合は新郎・新婦に相談してみると良いでしょう。

男性ゲストの服装

ここでは一般的に「略礼服」と呼ばれる服装について説明します。略礼装は礼装の中でもっとも格が低く、 一般的な結婚式では一番使われている服装です。 「略礼服」自体にこれといった決まりがなく有る程度自由で問題ありません。 通常はブラックスーツがそれに該当します。 色は黒。シングルの1つボタンでピークドラペル(背広の下襟部分が上に鋭角に向いたもの)がフォーマル度が一番高いと言えます。 一つボタンでピーくドラベルが無い場合、黒いビジネススーツでも問題ありません。 靴はストレートチップやプレーントゥ等の紐靴で靴下も黒を用意しましょう。

ネクタイは白、シルバーグレーの無地または柄が基本です。ボウタイにベストを組み合わせるなど工夫して 華やかさをアップさせても良いですね。

カフリンクスやタイピンを合わせるのも可。

女性ゲストの服装

服装は昼と夜の披露パーティーでは若干決まりが異なりますからご注意ください。 絶対に駄目なのは「白の衣装・または光や照明の関係で白に見える衣装」です。淡いクリームなどの色は白に見えますことがあります。 また喪服を連想させることから「黒で統一」するのも避け、肩にストールなどを色つきの物を組み合わせましょう。 「靴」はかかとの開いている「ミュール」や「サンダル」などはNGです。

昼のパーティーでの服装

基本的に肌の露出の多いものはNGです。 襟ぐりの開いていないアフタヌーンドレスを原形としたワンピースなどが一般的でしょう。 肌の露出が少ない長袖もしくは7分丈か8分丈のものが基本です。 バッグ・アクセサリーは光沢が上品、小ぶりでエレガントなものがいいでしょう。

夜のパーティーでの服装

胸や背の開いた、袖なしのものがおすすめです。素材はラメ地やサテンにしましょう。 昼より露出が多くても大丈夫ですが、ボディコン、ミニスカートやセクシー路線のドレスは避けるのは当然です。 またアクセサリーは光る派手なものを付けてもかまいませんが、あまりにも目立ちすぎるのは避けましょう。 結婚式を花嫁を引き立てる「素敵な華になってください」

結婚式のお呼ばれドレスの通販

最後に

親しき仲にも礼儀ありで、 結婚式での非礼は今後の付き合いにも大きく影響しますので、節度と礼節をもった服装でお祝いしましょうね。 思いっきりオシャレして大事なホストの結婚式を彩りましょう。あくまで新郎、新婦を引き立てるつもりで! 決して主役になってはいけませんよ。

ブライダルナビ人気記事