婚姻届の書き方マニュアル

結婚を考える上で避けては通れないのが「婚姻届」です。意外と書き方がわからないって方が多いのでマニュアルを作成いたしました。当日持参するべきものもアドバイスさせていただいてます。 婚姻届に押す判子は「シャチハタ」等のゴム印は使用できません。朱肉を使って押す印鑑を用意しましょう。

婚姻届ってどこで貰える?

市区町村役場にて貰えます。または様々な市区町村役場のサイトでダウンロードすることも可能です。最近では婚姻届のオリジナルデザインを作成している会社から購入することも可能。 それらは「どこの市町村役場でも提出が可能」です。

婚姻届はどこに提出?

夫になる人、または妻になる人の所在地または本籍地の市区町村役場、又は出張所。 「所在地」には、住所地のほか、旅行先などの一時的滞在地も含みます。
とりあえず二人のどちらかの本籍または住民票のある市区町村役場(「戸籍課」、「戸籍住民課」、「市民課」)に届けましょう。 時間外の受付は、各担当の直接窓口や出張所窓口の場合もあります。夜間・休日受付は、宿直窓口や夜間・休日専用の窓口があります。 ちなみに郵送でも可能ですが日付の指定ができなかったり、書類にミスがあると不受理になったりしますので注意しましょう。

婚姻届の書き方は?

ここでは実際に書き方について記します。
婚姻届の書き方例

届出日・宛先

実際に婚姻届を届出する日付を記入。提出日が婚姻の日。 宛先は届出を行う市区町村名を記載します。例:○○市中区の場合「○○市中区長殿」。 婚姻届の記入に間違いがなければ、その場で受理され、届出日が「入籍日」になります。 「入籍日」にこだわりがある場合は、事前に担当窓口で書類をチェックしてもらいましょう。

(1)氏名・生年月日

二人の名前と生年月日を記入します。婚姻届に氏名を記入するときは、戸籍の記載と同じ字体を用いてください。ニックネームや通り名は駄目ですよ。

(2)住所

提出する時点の住民票に記載されている住所と世帯主を記入。住所は住民票の記載通りに書く必要があります。誰が世帯主なのかは、住民票に記載されています。夫婦の住所が同じ場合は、妻の住所は「夫に同じ」と記入。

(3)本籍/父母の氏名、父母の続き柄

提出時の夫・妻それぞれの本籍地と戸籍筆頭者の氏名を記入します。戸籍筆頭者とは、戸籍の一番はじめに記載されている人の名前です。

親が婚姻中の場合や死別している場合は、父の姓名を記入し母は名だけを記入します。離婚している場合は現在の氏名を記入。養父母の場合は婚姻中の親と書き方は同じですが、記入する箇所は「その他」の欄になります。 続き柄は長男・長女は「長」。次男・次女は「二」。三男・三女の場合は「三」と漢数字で記入します。

(4)婚姻後の夫婦の氏、新しい本籍

「氏」は新郎・新婦いずれの氏にするかを決めてチェックします。

「新しい本籍」は新居の住所やどちらかの実家、または本籍地にするケースが一般的です。婚姻により新しく本籍地を設定する場合、日本国内で存在する土地の地名地番であれば、どこでも設定できます。 但し、戸籍謄本(抄本)は、本籍地がある役所でしか取得できません。そのため、取得する際には本籍地の市区町村窓口に直接出向くか、郵送請求、代理人が窓口で取得する(委任状が必要)ことが必要なので要注意。 再婚などの場合で、選んだ氏の人が既に戸籍の筆頭者になっている場合は、その戸籍に配偶者が入る形になるので、新本籍地は空欄で提出します。 ちなみに皇居の住所を本籍地にしている方は2000名以上もいるそうですよ。東京以外に住んでる方は戸籍謄本(抄本)が必要な時は東京まで出向かないといけないので注意してください。 無難に生活圏内の住所を本籍にするのが無難です。ちなみに本籍地は後から変更も可能です。

(5)同居をはじめた時

ふたりが同居を始めた月か、結婚式を挙げた月のうち早い方を記入します。 もし、同居も結婚式もこれからという場合は空欄で提出します。

(6)初婚・再婚の別

初婚か再婚かをチェックします。再婚の場合は「死別か別離」にチェックしてその日付を記します。

(7)同居を始める前の夫婦のそれぞれの世帯のおもな仕事

同居を始める前に一人暮らしをしていれば本人の仕事内容を選択。親と同居していて、親が世帯主で主に生計を立てていたならば親の仕事について当てはまるものを6つの中から選びます。

(8)夫婦の職業

「夫婦の職業」は国勢調査のある年だけ記入する欄です。国勢調査は西暦の5の倍数の年にあるので2020、2025年など該当する年以外の人は記入しなくて大丈夫。 尚、記入が必要な年は役所の窓口に職業一覧が設置されているので、その中から選んで記入します。

その他

●「その他」には、親の同意が必要となる夫・妻のどちらかが未成年の場合に「この婚姻に同意します」と記入し、親が署名・押印します。夫と妻の両方が未成年の場合には夫・妻それぞれの親が1名署名押印します。 同意は実の親だけでなく養父母でも認められており、親のうちどちらかが既に亡くなっている場合や所在がわからない場合は、1名だけでも認められます。 尚、署名は同意者本人の自筆で記入し、印鑑はゴム印、インク浸透式ゴム印以外のものを使用します。

●養父母のいる人はここに養父母の名前を記入します。 どちらの養父・養母かと氏名を明記します。 例)「夫の養父 氏名」「妻の養母 氏名」。

届出人署名押印

二人の名前を記し印鑑を押します。判子は「シャチハタ」等のゴム印は使用できません。朱肉を使って押す印鑑を用意しましょう。

証人

「証人」は20歳以上の成人2人にそれぞれ氏名・生年月日・住所・本籍を自筆で記入してもらいます。 婚姻届の当事者に婚姻の意思があることを知っている方で、当事者以外の成年に達した方2名であれば、どなたでもかまいません。 両親・兄弟、外国人の方も可能です。 ただ、証人2人の苗字が同じ場合は、それぞれ別の印鑑を用意してもらう必要があるので、お願いする場合は事前に知らせたほうが良いでしょう。

連絡先

提出した婚姻届に不備があった場合に役所が連絡をとるために設けられています。 携帯電話や仕事先など、日中に連絡がとれる番号を記入しておきましょう。

提出するときに持っていくものは?

婚姻届の内容に不備や書き間違いがあれば受理日が別の日になってしまう可能性があるので、 訂正印がその場で押せるように、婚姻届に使用したふたりの印鑑(「シャチハタ」等のゴム印は使用できません。朱肉を使って押す印鑑を用意)を持参しましょう。 鉛筆や消えやすいインキで書かないように!。 婚姻などの戸籍の届出の際に本人確認を行っている場合がありますので「運転免許証、パスポート、マイナンバーカード」などの本人を確認できる書面を持参しておくと安心です。。

まとめ

住民票や戸席謄本を手元に置いてから記入すると良いでしょうね。書類が揃っていればそんなに難しくないので頑張って用意しましょう。 二人だけのオリジナルの婚姻届を作ってみるのも楽しいかもですね。作り方は時間がある時にまた記事にしますね。それでは楽しい結婚準備を!

この記事を読んで少しでも役に立ったと思われたら記事の「シェア」、「いいね」をお願いします。